ウィリアム・スタイグ
絵本の作者・出版社別にまとめた絵本紹介のページです。作者があいうえお順で並んでいます。 「絵本の部屋」
作者別メニュー
赤羽末吉
アルエゴ&デューイ
石井桃子
いわむらかずお
ウィリアム・スタイグ
ウィリアム・ニコルソン
エリック・カール
エルサ・ベスコフ
L・レズリー・ブルック
M・ラチョフ
五味太郎
佐藤和貴子
ジーン・ジオン
ジェームズ・ドーハーティ
シビル・ウェッタシンハ
ジビレ・フォン・オルファース
ジョン・バーニンガム
すとうあさえ
瀬田貞二
せなけいこ
長新太
ディック・ブルーナー
ドーレア夫妻
トミー・ウンゲラー
ドロシー・マリノ
なかがわりえこ
バージニア・リーバートン
バーナディン・クック
バーバラ・クーニー
パット・ハッチンス
ハンス・フィッシャー
ビアトリクス・ポター
ピーター・スピアー
フランソワーズ
ベーメルマンス
ポール・ガルドン
マーガレット・ワイズ・ブラウン
マーシャ・ブラウン
マージョリー・フラック
松岡享子
松谷みよ子
マレーク・ベロニカ
マリー・ホール・エッツ
マンロー・リーフ
モーリス・センダック
ヤーノシュ
ランドルフ・コールデコット
リーセ・マニケ
リンド・ワード
ルイーズ・ファティオ
ロジャー・デュボワザン
ルース・エインワース
レオ・レオニ
ロイス・レンスキー
ロバート・マックロスキー

作者紹介

 1907年、アメリカのニューヨーク生まれ。芸術一家に育つ。

 大学時代は全米水球チームを作ったほどのスポーツマンでもあり、
ナショナル・アカデミー・オブ・デザインの一員でもあった。

 1930年より「ニューヨークカー」誌にイラストや漫画を発表しはじめる。

 1968年、61歳から子どもの本を描くようになる。

 3作目「ロバのシルベスターとまほうのこいし」で、1970年に
コールデコット賞受賞。

 ニューベリー賞など数々の賞の候補となり、「歯いしゃのチュー先生」で、
1983年全米図書賞、1984年、オランダ銀の絵筆賞を受賞。

 1996年、「アベルの島」でフェニックス賞を受賞。

 2003年、他界。

ウィリアム・スタイグ 作
 (評論社)
「歯いしゃのチュー先生」
「ロバのシルベスターとまほうのこいし」
「ものいうほね」
「ぶたのめいかしゅローランド」
「ばしゃでおつかいに」
「アベルの島」
「ねずみとくじら」

(セーラー出版)
「みんな ぼうしをかぶってた」
ウィリアム・スタイグの遺作


昌蓮のつぶやき

 「ロバのシルベスターとまほうのこいし」を知り合いからプレゼント
されたのがきっかけで、スタイグの作品を読むようになりました。

 絵はすっきりしていて、ユーモアがにじみ出ているように感じます。
ストーリーも、わくわく感やほのぼの感があって楽しいです。

著作権は作者にあります。無断転載・コピーは禁止させていただきます。