ウィリアム・ニコルソン
絵本の作者・出版社別にまとめた絵本紹介のページです。作者があいうえお順で並んでいます。 「絵本の部屋」
作者別メニュー
赤羽末吉
アルエゴ&デューイ
石井桃子
いわむらかずお
ウィリアム・スタイグ
ウィリアム・ニコルソン
エリック・カール
エルサ・ベスコフ
L・レズリー・ブルック
M・ラチョフ
五味太郎
佐藤和貴子
ジーン・ジオン
ジェームズ・ドーハーティ
シビル・ウェッタシンハ
ジビレ・フォン・オルファース
ジョン・バーニンガム
すとうあさえ
瀬田貞二
せなけいこ
長新太
ディック・ブルーナー
ドーレア夫妻
トミー・ウンゲラー
ドロシー・マリノ
なかがわりえこ
バージニア・リーバートン
バーナディン・クック
バーバラ・クーニー
パット・ハッチンス
ハンス・フィッシャー
ビアトリクス・ポター
ピーター・スピアー
フランソワーズ
ベーメルマンス
ポール・ガルドン
マーガレット・ワイズ・ブラウン
マーシャ・ブラウン
マージョリー・フラック
松岡享子
松谷みよ子
マレーク・ベロニカ
マリー・ホール・エッツ
マンロー・リーフ
モーリス・センダック
ヤーノシュ
ランドルフ・コールデコット
リーセ・マニケ
リンド・ワード
ルイーズ・ファティオ
ロジャー・デュボワザン
ルース・エインワース
レオ・レオニ
ロイス・レンスキー
ロバート・マックロスキー

作者紹介

 1872年、イギリスのニューアーク・オン・トレント生まれ。
 21歳の時、美術学校時代の同級生メイベル・プライドと最初の結婚。

 妻の兄ジェームズとともに(ベガースタッフ・ブラザーズ)の名で、イギリスで初めて商業美術のポスター制作にあたった。
 パリ遊学中にトールズ=ロートレックの石版ポスターなどから強い影響を受け、ポスター・デザインにすぐれた木版を用いた。

 その後、J・M.・バリの「ピーター・パン」の初演の舞台装置と衣装のデザインなど芝居の舞台美術を数多く手がける。
 肖像画家としても名高かった。

 つねに大衆を対象として幅広い活躍をし、誰にでも分かりやすい平明さ、印象の鮮やかな単純さ、ものの性格を確実にとらえることなどが特徴。

 3男1女の子どものうち長男のベン(1894〜1982)は、のちのイギリスの抽象絵画で有名。

 1918年、妻と死別すると、翌年再婚。

 1922年、マージョリー・ビアンコの作品「ビロードうさぎ」の挿絵を手がけ、これが好評だったことから文章、絵ともに彼自身の手による子ども向け絵本を依頼される。

 再婚後生まれた娘、メアリーのために作った「かしこいビル」、
「ふたごの海賊」の2作を残しただけであった。

 1949年、他界。


ウィリアム・ニコルソン 作
 (ペンギン社)
「かしこいビル」


昌蓮のつぶやき

 「かしこいビル」しか読んだことがない、というのが残念です。

 最初この本を見たときは、何だかゴチャゴチャした印象を受けました。
でもその中にも、品の良さのようなものも感じたので買ったんです。

 子どもたちはかなり気に入ったようで、よく読み聞かせました。
「えっ、もう終わり?」という声がよく聞こえてきます。



著作権は作者にあります。無断転載・コピーは禁止させていただきます。