M・ラチョフ
絵本の作者・出版社別にまとめた絵本紹介のページです。作者があいうえお順で並んでいます。 「絵本の部屋」
作者別メニュー
赤羽末吉
アルエゴ&デューイ
石井桃子
いわむらかずお
ウィリアム・スタイグ
ウィリアム・ニコルソン
エリック・カール
エルサ・ベスコフ
L・レズリー・ブルック
M・ラチョフ
五味太郎
佐藤和貴子
ジーン・ジオン
ジェームズ・ドーハーティ
シビル・ウェッタシンハ
ジビレ・フォン・オルファース
ジョン・バーニンガム
すとうあさえ
瀬田貞二
せなけいこ
長新太
ディック・ブルーナー
ドーレア夫妻
トミー・ウンゲラー
ドロシー・マリノ
なかがわりえこ
バージニア・リーバートン
バーナディン・クック
バーバラ・クーニー
パット・ハッチンス
ハンス・フィッシャー
ビアトリクス・ポター
ピーター・スピアー
フランソワーズ
ベーメルマンス
ポール・ガルドン
マーガレット・ワイズ・ブラウン
マーシャ・ブラウン
マージョリー・フラック
松岡享子
松谷みよ子
マレーク・ベロニカ
マリー・ホール・エッツ
マンロー・リーフ
モーリス・センダック
ヤーノシュ
ランドルフ・コールデコット
リーセ・マニケ
リンド・ワード
ルイーズ・ファティオ
ロジャー・デュボワザン
ルース・エインワース
レオ・レオニ
ロイス・レンスキー
ロバート・マックロスキー

作者紹介

エフゲーニ・ミハイロヴィチ・ラチョフ

 1906年、ロシアの真ん中、トムスク市生まれ。
14歳までシベリアのバラビンスカヤの祖母のもとで過ごす。

 そこは広大な草原地帯で代表的な狩猟地でもあったので、
野生動物や鳥たち、植物などと親しんだ。

 1920年祖母が亡くなり、黒海沿岸の港町ノボロシスコの母の元へ行く。

 ノボロシスコでは、港湾労働をしながら航海職業技術学校や蒸気機関技術専門学校で学んだ。
 腸チフスにかかり、肉体労働が無理になり絵や詩に方向転換する。

 1924年、クラスノダル市のクバン美術師範学校に入学。
貧しい生活のなか、4年間本格的な修行をする。
モスクワへ劇場や美術館を見にも行った。

 この修行中に動物絵本と出会い、絵本の中に芸術を見出す。

 1930年、ウクライナのキエフ出版所で挿絵を描くようになる。
そこで、子どものための絵について深く学ぶ。
 動物園に通い、ひたすら動物のデッサンをする。

 1935年、「かしこいカモ」(ヨハンセン・文)がモスクワで大型絵本として出版されたのを機にモスクワの児童図書出版の会社に入る。
 自然と動物の世界を描く作品やウクライナやロシアの民話などを作品にしていく。

 1958年、ライプチッヒ国際図書展覧会で賞を受賞。
 1963年、ロシア共和国賞を受賞。

M・ラチョフ 作
 (福音館書店)
「てぶくろ」
「マーシャとくま」
「もりのようふくや」
 (岩波書店)
「まほうの馬」
 (岩崎書店)
「ちいさなお城」


昌蓮のつぶやき

 ラチョフの「てぶくろ」、大好きです。絵が好き。

 「マーシャとくま」にも、もっと絵を付けてくれたらよかったのに・・・
と思います。

 寒いロシアの話でも、登場する動物たちから温かみを感じます。
民族衣装のような服装を着ている動物たちは、まるで今にも本当にしゃべりはじめるかのようです。

著作権は作者にあります。無断転載・コピーは禁止させていただきます。