松谷みよ子
絵本の作者・出版社別にまとめた絵本紹介のページです。作者があいうえお順で並んでいます。 「絵本の部屋」
作者別メニュー
赤羽末吉
アルエゴ&デューイ
石井桃子
いわむらかずお
ウィリアム・スタイグ
ウィリアム・ニコルソン
エリック・カール
エルサ・ベスコフ
L・レズリー・ブルック
M・ラチョフ
五味太郎
佐藤和貴子
ジーン・ジオン
ジェームズ・ドーハーティ
シビル・ウェッタシンハ
ジビレ・フォン・オルファース
ジョン・バーニンガム
すとうあさえ
瀬田貞二
せなけいこ
長新太
ディック・ブルーナー
ドーレア夫妻
トミー・ウンゲラー
ドロシー・マリノ
なかがわりえこ
バージニア・リーバートン
バーナディン・クック
バーバラ・クーニー
パット・ハッチンス
ハンス・フィッシャー
ビアトリクス・ポター
ピーター・スピアー
フランソワーズ
ベーメルマンス
ポール・ガルドン
マーガレット・ワイズ・ブラウン
マーシャ・ブラウン
マージョリー・フラック
松岡享子
松谷みよ子
マレーク・ベロニカ
マリー・ホール・エッツ
マンロー・リーフ
モーリス・センダック
ヤーノシュ
ランドルフ・コールデコット
リーセ・マニケ
リンド・ワード
ルイーズ・ファティオ
ロジャー・デュボワザン
ルース・エインワース
レオ・レオニ
ロイス・レンスキー
ロバート・マックロスキー

作者紹介
 1926年、東京生まれ。

 子どもは、娘が2人。

 松谷みよ子民話研究室を主宰し、民話採集を精力的に行っている。

 1951年、「貝になった子ども」で第1回児童文学協会新人賞を受賞。

 「龍の子太郎」で1960年、第1回講談社児童文学新人賞、サンケイ児童出版文化賞、1962年、国際アンデルセン賞受賞。

 1964年、「ちいさいモモちゃん」で野間児童文芸賞を受賞。

 1994年、「あの世からの火」で小学館文学賞を受賞。

 多数、受賞作品がある。


松谷みよ子 作
 (童話社)
「おんぶおばけ」
あかちゃんのむかしむかしシリーズ
「いないいないばあ」 絵 瀬川康男
 (講談社)
「おばけとモモちゃん」
日本のむかし話シリーズ
ちいさいモモちゃんシリーズ 絵 中谷千代子
新版ちいさいモモちゃんシリーズ 絵 武田美穂
松谷みよ子どうわえほんシリーズ
ふうちゃんのえほんシリーズ 絵 さとうわきこ
(偕成社)
「とうろうながし」 画 丸木俊、丸木位里
(絵本、平和のためにシリーズ)
あかちゃんのわらべうたシリーズ
(ほるぷ出版)
「こめんぶくとあわんぶく」 画 太田大八

昌蓮のつぶやき

 日本の民話や昔話を調べて、沢山の作品を残して下さっています。

 絵本ではありませんが、「怪談レストラン」シリーズが人気です。
学校の図書室の本は、ボロボロになったものが多いです。
松谷みよ子さんが責任編集しているシリーズです。

 絵本では、赤ちゃんシリーズがわが子は好きでした。

著作権は作者にあります。無断転載・コピーは禁止させていただきます。