ランドルフ・コールデコット
絵本の作者・出版社別にまとめた絵本紹介のページです。作者があいうえお順で並んでいます。 「絵本の部屋」
作者別メニュー
赤羽末吉
アルエゴ&デューイ
石井桃子
いわむらかずお
ウィリアム・スタイグ
ウィリアム・ニコルソン
エリック・カール
エルサ・ベスコフ
L・レズリー・ブルック
M・ラチョフ
五味太郎
佐藤和貴子
ジーン・ジオン
ジェームズ・ドーハーティ
シビル・ウェッタシンハ
ジビレ・フォン・オルファース
ジョン・バーニンガム
すとうあさえ
瀬田貞二
せなけいこ
長新太
ディック・ブルーナー
ドーレア夫妻
トミー・ウンゲラー
ドロシー・マリノ
なかがわりえこ
バージニア・リーバートン
バーナディン・クック
バーバラ・クーニー
パット・ハッチンス
ハンス・フィッシャー
ビアトリクス・ポター
ピーター・スピアー
フランソワーズ
ベーメルマンス
ポール・ガルドン
マーガレット・ワイズ・ブラウン
マーシャ・ブラウン
マージョリー・フラック
松岡享子
松谷みよ子
マレーク・ベロニカ
マリー・ホール・エッツ
マンロー・リーフ
モーリス・センダック
ヤーノシュ
ランドルフ・コールデコット
リーセ・マニケ
リンド・ワード
ルイーズ・ファティオ
ロジャー・デュボワザン
ルース・エインワース
レオ・レオニ
ロイス・レンスキー
ロバート・マックロスキー

作者紹介

 1846年、イギリス、チェスター市生まれ。

 注文服や帽子作りを営む家に生まれた。 5人きょうだいの3番目。

 幼い頃、当時はやりのリウマチ熱に母親と共にかかる。
母親はそれで亡くなる。ランドルフは生涯病弱な体になる。

 小さい頃から絵を描くのが好き。アート・スクールで学ぶ。

 15歳で、町の銀行員になる。

 16歳のとき、ホテル火災をスケッチした絵が「イラストレイテッド・
ロンドン・ニュース」紙に載る。(新聞ニュースは絵で報道されていた)

 20歳の頃、マンチェスター市の銀行に転職し、
アート・スクールの夜間学校で学んだ。

 26歳で銀行を辞め、画家として立つ決意をしロンドンへ行く。

 イラストレイターとしての力量が買われ、有力な出版企画家で
多色刷り木版刷り師のエドマンド・エヴァンズから新しい絵本の
製作を依頼される。

 1878年、絵本作家としてデビューする。
1886年に亡くなるまで、計16冊の絵本を出版。

 「絵本の父」と呼ばれている。


ランドルフ・コールデコット 作

 (福音館書店)
「コールデコットの絵本」16冊セット

著作権は作者にあります。無断転載・コピーは禁止させていただきます。