色々なうた
創作オリジナル、児童文学、小説、ショートショート、エッセイ 「ことば遊びの部屋」
作品メニュー
日本の一年
人生のうた
ティーンエージャーのうた
心のうた
つぶやき
色々なうた
母親のうた
好きな言葉・文
色々なうた



「 信・真・芯・しん 」

誰の言うことが本当か
そんなこと分からない
真実は自分の心で見る





「 たんじょう日のうた 」

たんじょう日 私がこの世に生まれた日
お母さんが 私を産んだ日
おばあちゃんが産んだお母さんが 私を産んだ日

たんじょう日 私がこの世に生まれた日
お父さんが愛してるお母さんが 私を産んだ日
おじいちゃんが愛してるおばあちゃんが産んだ
お父さんが愛してるお母さんが 私を産んだ日

たんじょう日 私が生まれた日





「 別れことばのうた 」

”バイバイ”
   また明日

”さようなら”
   またいつか

”お元気で”
   会えて嬉しかった

”ありがとう”
   最後の別れ

最後の別れことばは
”バイバイ”でなく
”さようなら”でも”お元気で”でもなく
”ありがとう”
心から ありがとう

あなたに会えて本当によかった
あなたと共に過ごした時間に
ありがとう

この出会いに心から感謝の気持ちを込めて
ありがとう





「 赤ちゃんのうた 」

スースー わたしの腕の中から
     小さな寝息

キュー  わたしの指をにぎりしめる
     小さな手

チュッチュッ わたしのおっぱいに吸いつく
       小さな口

プ〜  わたしの顔の前で
    小さなオナラ

なんでも小さいんだね
小さなあなたは わたしの大きな宝





「 言葉にする 」

疲れた〜って言っちゃおう
暑い暑いって言っちゃおう
辛いことは口から外へ出しちゃえばいいんだ
誰かを責める言い方をしなければいいんだ

疲れたね〜お疲れ様
暑いね、気をつけようね
そう答えてあげればいいんだよ





「 伝える 」

ドンドンと階段を上る バンとドアを閉める プイッとして無言になる
「怒ってるんだぞ」と態度で示すんでなく 言葉で伝える
言葉にすれば 怒りの正体が自分にも見えてくる





「 深さ・強さ 」

愛する人の子を産みたい 愛する人のために子を産んであげたい
その思いが深く強いから
辛いツワリも 恥ずかしい検診も 重いお腹も 痛い出産も耐えられます
自分の命の危険を心の片隅に感じていても・・・

愛する人の子を産みたい 愛する人のために子を産んであげたい
その愛情は 次第に授かった子へも向けられるようになります
私はこの子の母親になる この子を守る
好きなものを食べられなくなる 好きなことが出来なくなる
大きく重いお腹で寝返りも大変 走れない・・・
お腹の子のためなら 全て頑張れます

愛する人の子を産みたい 愛する人のために子を産んであげたい
そう思っても 一生懸命治療しても 授からないことがあります
愛する人の子を産みたい 愛する人のために子を産んであげたい
その思いが深く強いほど 授からないと悟ったときの悲しみも深く強い
いつかは諦めなければいけない

でも忘れないでください
母親になろう 母親になりたいと思ったことを
そう思った自分の愛情の深さ強さを忘れないでください
いつかどこかで その愛情を必要としている人が待っています





「 恵み」

欲張って人の分まで取って満足している者は
決して気付かない
自分の分以外を喜んで人に与えている者は
ある時気付くはず
思いがけない贈りものが天から届くことに





「 独り」

人には言えない心の痛みもあるさ
言葉にして声に出せれば
どんなに楽になるか・・・
人の前で涙を流せれば
どんなに安らかになるか・・・
人には言えないのなら言わなくていいよ
そこに信仰というものがあるのだから
お地蔵さんに手を合わせる
先祖にお参りをする
神社仏閣で祈る
巡礼の旅に出る
神仏は全てを見ている
全てを分かっているから





「 土地」

母の実家は いわゆる高級住宅街に建っている
今も母が生まれたときと同じ木造平屋が建っている
跡継ぎが その土地を守っている
庭では四季折々の花々と実りの木々が彩りを作っている
古い住人たちは相続で 土地を切り売りする
庭の跡地には数件の家が建ち 車庫には高級車が並ぶ
私はお屋敷町だったあの土地を訪れるのが好きだった





「名前うた」

*うたの中から、”さくらこ”を見つけてくださいね!
 みなさんも名前で、うたを作ってみてくださいね!


「さくらこのうた @」

柵のすき間から
クラゲが逃げて
ラッコのシッポを刺した
「コラーッ!誰だ?せっかく
楽々プカプカ浮いて
草の影で休んでたのに!」と
叫んだと思ったら
クークーと再び
ラッコは眠ってしまった
これで話はおしまい


サク  のすき間から
クラ  ゲが逃げて
ラッコ のシッポを刺した
コラ  ーッ!誰だ?せっかく
ラク  ラク、プカプカ浮いて
クサ  の影で休んでたのに!と
サ   けんだと思ったら
ク   ークーと再び
ラッコ は眠ってしまった
コ   れで話はおしまい



「さくらこのうた A」

サクッサクッと雪を踏みしめ
暗い夜道を歩く足音が外でする
ラコニアはギリシャ最南端に位置する地名
コラムに”英単語で「簡潔な」を意味するlaconicが地名の由来”とある
落書き帳にlaconicと10回書いて記憶する
くさやをかじりながら今夜も
さあ受験勉強がんばるぞ!今は
苦しくたって 春が来れば
ラララ〜楽しい大学生
今年こそ合格だ!


サクッ サクッと雪を踏みしめ
クラ  い夜道を歩く足音が外でする
ラコ  ニアはギリシャ最南端に位置する地名
コラ  ムに”英単語で「簡潔な」を意味するlaconicが地名の由来”とある
ラク  がき帳にlaconicと10回書いて記憶する
クサ  やをかじりながら 今夜も
サ   あ 受験勉強がんばるぞ!今は
ク   るしくたって 春が来れば
ラ   ララ〜楽しい大学生
コ   としこそ合格だ!





*下のうたの中から、ある人の名前を探してくださいね!



ガリガリかつお節を削っている祖母を見て
履歴書を作成中の孫息子が手を止めて
レオタード姿で踊っている母親に
「オガクズみたいだよね、削り節ってさ」と言った
「レリーフって彫刻知ってる?」って踊りながら母親が聞いたとき
リレーの練習から帰ってきた娘が
「ガオーッ」って叫びながら部屋に入ってきた





ガリ  ガリかつお節を削っている祖母を見て
リレ  き書を作成中の孫息子が手を止めて
レオ  タード姿で踊っている母親に
オガ  クズみたいだよね、削り節ってさと言った
レリ  ーフって彫刻知ってる?って踊りながら母親が聞いたとき
リレ  ーの練習から帰ってきた娘が
ガオ  ーって叫びながら部屋に入ってきた





路地裏の芝居小屋で見た
ミュージカルは
織り姫と彦星の恋物語を
あえて現代風にアレンジされたものだった
んっと胸を突かれた感動が
怒濤(どとう)のように私の全身に押し寄せてきた





ロジ  裏の芝居小屋で見た
ミュ  ージカルは
オリ  姫と彦星の恋物語を
アエ  て現代風にアレンジされたものだった
ンッ  と胸を突かれた感動が
ドト  うのように私の全身に押し寄せてきた





明けましておめでとうって叫びながら
ベイブリッジの上を君と二人
ルンルン気分で走った元旦の夜明け





アケ  ましておめでとうって叫びながら
ベイ  ブリッジの上を君と二人
ルン  ルン気分で走った元旦の夜明け





「 短いうた 」

(1)
つい後回しにしてしまうこと
皿洗い、風呂掃除、雑誌の片付け、真冬の入浴、歯磨き、歯の定期検診、
自転車のタイヤに空気を入れる、年賀状作り、習い事の自宅練習、親への連絡、


(2)
つい長引いてしまうこと
主婦の立ち話、目的のない買い物、雑誌の片付け、真冬の入浴、お茶時間、好きなCDを聞くこと、考え事、夏の夕涼み、あの人と”いってらっしゃい”のキスXXX


(3)
一方向から見るのは、分かったつもり
多方面から眺めてこそ、真の姿が分かる


(4)
自分の出来ることを一生懸命やっていこう
そう思って日々過ごしても
自分の無力さに悲しくなるときがある
それでも自分が出来ることをやっていくしかないんだと
思い直す


(5)
超多忙な日々が一段落した次の日
いつも通り早く目覚めて
たまった洗濯物と家族の食事の支度
私はミルクティとトーストとフルーツ
好きなラジオ局にチューニングして
のんびり気ままに過ごす午前中
徐々に日常のリズムに戻っていく幸せ
一つ仕事をしとげた達成感


(6)
私はズボラだ
夫や娘の引き出しの中を見ると、服や下着が整列していてビックリする
家族の乾いた洗濯物を各自のカゴにバサッと入れるだけの私はズボラだ


(7)
主婦って色々大変なんだけど・・・
してあげる家族がいることが幸せなんだなって思う
でもやっぱり休みたいなあ
自分の時間、もっと欲しいなあ
もっと家事分担の方法を考えよっと!


(8)
物が豊富にある時代
老女たちに何をプレゼントしようかと悩んだ末に
差し上げたキティちゃんグッズの日用雑貨が大喜びされた
「こんなに可愛い物、どこで売ってるの?」と聞かれ、少しためらったが
「100円ショップですよ」と正直に答えた
みなさんに喜んでもらえ、私も私の財布も大喜びだ

*キティちゃん(ハローキティ)・・・(株)サンリオのキャラクター


(9)
”いってらっしゃい”、”おやすみなさい”のキス
ギューっとハグ
手をつなぐ
全部、私が照れ屋の彼に教えたこと


(10)
私は私のままでいればいい
あの人が私に教えてくれたこと


(11)
朝の通学路
落ち葉の掃き掃除
登校する子どもたちに
「いってらっしゃい」と声をかける
無言で頭を下げる子
「おはようございます」と挨拶する子
「ハァするよ」と言って、白い息を見せる子
みんなみんな可愛い


(12)
子どもたちの「信じる心」を育てたい


(13)
他人をねたむ者たち
ねたんでいる相手が
どれだけ努力してきたか
知ろうともしない



著作権は作者にあります。無断転載・コピーは禁止させていただきます。