エレナー・エスティス
私も子供も大好きな、おすすめの児童文学・小説を、いろいろなテーマ別にご紹介します。 「おはなしの部屋」
作者別メニュー
アンデルセン
イソップ
ウルズラ=ウェルフェル
エーリヒ・ケストナー
エレナー・エスティス
エレナー・ファージョン
オトフリート・プロイスラー
E.L.カニグズバーグ
北方謙三
グリム兄弟
黒柳徹子
サン=テグジュペリ
C.S.ルイス
ジーン=ウェブスター
シェイクスピア
ジュール・ヴェルヌ
瀬戸内寂聴
セルマ=ラーゲルレーヴ
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
チャールズ・ディケンズ
ティルデ・ミヒェルス
トーベ=ヤンソン
J.R.R.トールキン
ドナルド・ビセット
ヒュー・ロフティング
ひろさちや
フィリップ・プルマン
フィリパ・ピアス
ベッティーナ・エアリク
スティーヴン&ルーシー・    ホーキング
マーク=トウェイン
ミヒャエル・エンデ
宮沢賢治
椋鳩十
メアリー・ポープ・オズボーン
モンゴメリー
矢玉四郎
ヨセフ・ラダ
ラッセル・E・エリクソン
リダ・フォシェ
リンドグレーン
ルイス・キャロル
ルース・スタイルス・ガネット
ルーマー・ゴッデン
ル=グウィン
ローラ・インガルス・ワイルダー
作者紹介
エレナー・エスティス(Eleanor Estes)

 アメリカ・コネティカット州、ウエスト・ヘイブンに生まれる。

 高校卒業後、ニューヘイブンの公共図書館に勤める。

 その後奨学金で働いていたとき、病気療養中に最初の作品
「元気なモファットきょうだい」(1941年)を書く。
 この作品が好評を得たため作家活動を始めた。

 1942年「ジェーンはまんなかさん」、1943年「すえっこルーファス」
を発表。

 1952年「ジンジャー・パイ」で、アメリカ児童文学の最高の栄誉
ニューベリー賞を受賞。

 1988年5月、アルバータス・マグナス大学から名誉博士号が
贈られた。

 同年7月、他界。


岩波書店

「百まいのドレス」(短編)  石井桃子 訳

岩波少年文庫

「元気なモファットきょうだい」
「ジェーンはまんなかさん」
「すえっこルーファス」

瑞雲舎

「魔女ファミリー」

 「百まいのドレス」
最初、「百まいのきもの」という題名で、ずい分前に出版されました。
 訳者 石井桃子さんが100歳のときに、改めて「百まいのドレス」
として出版されました。

 「魔女ファミリー」
最初、「ガラス山の魔女たち」という題名で、渡辺茂男さんが訳したものです。 別の出版社から改めて出ました。
 主人公の女の子の空想世界が現実世界と自然とつながっている物語の流れが、すごいな〜と感じました!


著作権は作者にあります。無断転載・コピーは禁止させていただきます。