北方謙三
私も子供も大好きな、おすすめの児童文学・小説を、いろいろなテーマ別にご紹介します。 「おはなしの部屋」
作者別メニュー
アンデルセン
イソップ
ウルズラ=ウェルフェル
エーリヒ・ケストナー
エレナー・エスティス
エレナー・ファージョン
オトフリート・プロイスラー
E.L.カニグズバーグ
北方謙三
グリム兄弟
黒柳徹子
サン=テグジュペリ
C.S.ルイス
ジーン=ウェブスター
シェイクスピア
ジュール・ヴェルヌ
瀬戸内寂聴
セルマ=ラーゲルレーヴ
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
チャールズ・ディケンズ
ティルデ・ミヒェルス
トーベ=ヤンソン
J.R.R.トールキン
ドナルド・ビセット
ヒュー・ロフティング
ひろさちや
フィリップ・プルマン
フィリパ・ピアス
ベッティーナ・エアリク
スティーヴン&ルーシー・    ホーキング
マーク=トウェイン
ミヒャエル・エンデ
宮沢賢治
椋鳩十
メアリー・ポープ・オズボーン
モンゴメリー
矢玉四郎
ヨセフ・ラダ
ラッセル・E・エリクソン
リダ・フォシェ
リンドグレーン
ルイス・キャロル
ルース・スタイルス・ガネット
ルーマー・ゴッデン
ル=グウィン
ローラ・インガルス・ワイルダー
作者紹介
きたかたけんぞう
 1947年佐賀県生まれ。

 父親は世界を回る船乗り。
子どもの頃、横浜の本屋に父親とよく行った。

 お気に入りの本は、ヘミングウェイの短編集「われらの時代」や
吉川英治の「宮本武蔵」(中学生のとき初めて読んだ)など。

 1981年、「弔鐘はるかなり」でデビュー。

 ハードボイルド小説の第一人者。

 「眠りなき夜」で吉川英治新人賞・日本冒険小説協会大賞をダブル受賞。

 「破軍の星」で柴田錬三郎賞、「楊家将」で吉川英治文学賞、
「水滸伝」で司馬遼太郎賞受賞。


小学館

「シロは死なない」
「くらやみに星をひろえ」

 2冊とも、少年と飼っている犬の物語です。

 北方謙三さんというと、ハードボイルド作家ということで、
児童書を書いているとは知りませんでした。
たまたま図書館で見つけたんです!

 主人公の少年の行動や心の成長の様子は、男らしい印象を受けました。

 以前家族で大きな公園へ遊びに行ったとき、偶然北方謙三さんが犬の散歩中!大きな犬を連れていました。

 2冊の物語を読んだ後作者ご本人を見かけたから・・ということもあるかもしれませんが、主人公の少年と子犬が、そのまま大きくなった姿に私には見えました〜。
 それとも男性は年を重ねても、どこかしらに少年の面影を残しているってことかな〜。


とっても久しぶりに、再び大きな公園で犬を散歩中の北方謙三さんをお見かけしたときは、小さい犬を連れていました。



著作権は作者にあります。無断転載・コピーは禁止させていただきます。