ジーン=ウェブスター
私も子供も大好きな、おすすめの児童文学・小説を、いろいろなテーマ別にご紹介します。 「おはなしの部屋」
作者別メニュー
アンデルセン
イソップ
ウルズラ=ウェルフェル
エーリヒ・ケストナー
エレナー・エスティス
エレナー・ファージョン
オトフリート・プロイスラー
E.L.カニグズバーグ
北方謙三
グリム兄弟
黒柳徹子
サン=テグジュペリ
C.S.ルイス
ジーン=ウェブスター
シェイクスピア
ジュール・ヴェルヌ
瀬戸内寂聴
セルマ=ラーゲルレーヴ
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
チャールズ・ディケンズ
ティルデ・ミヒェルス
トーベ=ヤンソン
J.R.R.トールキン
ドナルド・ビセット
ヒュー・ロフティング
ひろさちや
フィリップ・プルマン
フィリパ・ピアス
ベッティーナ・エアリク
スティーヴン&ルーシー・    ホーキング
マーク=トウェイン
ミヒャエル・エンデ
宮沢賢治
椋鳩十
メアリー・ポープ・オズボーン
モンゴメリー
矢玉四郎
ヨセフ・ラダ
ラッセル・E・エリクソン
リダ・フォシェ
リンドグレーン
ルイス・キャロル
ルース・スタイルス・ガネット
ルーマー・ゴッデン
ル=グウィン
ローラ・インガルス・ワイルダー
作者紹介
ジーン=ウェブスター Jean Webster
本名 アリス・ジェイン・チャンドラー・ウェブスター。

 1876年アメリカ・ニューヨーク州の西フレドニアという町で生まれた。

 父親は、その年にマーク・トウェインの「トム・ソーヤの冒険」を出した出版社の経営者。
 母親は、マーク・トウェインの姪。

 ジーンはアメリカでも由緒ある女子大学、ヴァッサー大学に入学。

 大学の雑誌に熱心に投稿したり、編集の仕事もした。

 1903年、大学在学中に書きためておいたものが、
「パティ、カレッジへ行く」として出版され、これが処女作。
 その後、「小麦姫」、「ジェリーは若い」、「ピーターは忙しい」、
「おちゃめなパッティ」を発表。

 1912年ジーンが36歳の時出版したのが、「あしながおじさん」で、
たちまち大好評になる。

 ブロードウェーの劇場で上演されたり、無声映画になったりした。

 その3年後、「続あしながおじさん」を発表。

 同じ年に結婚。
セントラルパークの見えるニューヨークのアパートに新居をかまえる。
 マサチューセッツ州の田舎に農園をもっていた。

 翌年の6月女の子を出産し、その2日後にこの世を去った。

 「あしながおじさん」が初めて訳されたのは、1919年で「蚊とんぼスミス」という邦題だった。
 「あしながおじさん」という名前が定着したのは、1933年岩波文庫の
遠藤寿子訳から。
(岩波少年文庫 訳者あとがき参照)

 「あしながおじさん」というと、”ウィリアム・アルバート・アードレー”を
思い出してしまいます!
(キャンディキャンディのアルバートさんです)
 ウィリアム王子さまは、年をとった人だと私は、ずっと思っていました。

 アルバートさんも、キャンディのことが気になって時々姿を現して
いましたよね。
あしながおじさんのように!

 私の手元にあるのは、青い鳥文庫ので曽野綾子さん訳のものです。

 曽野綾子さんといえば思い出すのが、小説「太郎物語 高校編」です。
確か「大学編」もありましたが、私は高校編が印象に残っています。
私自身、高校生のときに読んだと思います。


青い鳥文庫
「あしながおじさん」

岩波少年文庫
「あしながおじさん」
岩波少年文庫の挿絵は、作者自身が描いたもの。

金の星社
「あしながおじさん」 (世界名作ライブラリー)

このライブラリーには、他に「赤毛のアン」、「ピーターパン」、
「若草物語」、「クリスマス・キャロル」、「ふしぎの国のアリス」などが
あります。

金の星社 ジュニア版世界の文学シリーズは、中学生向けです。
パール・バック作「母の肖像」や「大地」,モーパッサン作「女の一生」、
ドフトエフスキー作「罪と罰」、ヴィクトル・ユーゴー作「レ・ミゼラブル」、
エミリ・ブロンテ作「嵐が丘」など全20巻あります。


講談社   
「あしながおじさん」 21世紀版 少年少女世界文学館

 講談社の21世紀版 少年少女世界文学館シリーズ(全24巻)は、
ページの上部に、詳しい説明や地図があり、物語の時代背景や風俗、習慣などへの理解を深めることができます。
難しい言葉には、行間に説明注があります。
作者や作品についての解説も収録されています。

1  ギリシア神話
2  ロビン・フッドの冒険
3  ロミオとジュリエット
4  ガリバー旅行記
5  ロビンソン漂流記
6  宝島
7  クリスマスキャロル
8  シャーロックホームズの冒険
9  若草物語
10 小公子
11 トム=ソーヤーの冒険
12 あしながおじさん
13 黒猫・黄金虫
14 赤毛のアン
15 飛ぶ教室
16 アルプスの少女
17 ああ無情
18 三銃士
19 十五少年漂流記
20 イワンの馬鹿
21 ドン=キホーテ
22 クレオ
23 西遊記
24 三国志




著作権は作者にあります。無断転載・コピーは禁止させていただきます。