フィリップ・プルマン
私も子供も大好きな、おすすめの児童文学・小説を、いろいろなテーマ別にご紹介します。 「おはなしの部屋」
作者別メニュー
アンデルセン
イソップ
ウルズラ=ウェルフェル
エーリヒ・ケストナー
エレナー・エスティス
エレナー・ファージョン
オトフリート・プロイスラー
E.L.カニグズバーグ
北方謙三
グリム兄弟
黒柳徹子
サン=テグジュペリ
C.S.ルイス
ジーン=ウェブスター
シェイクスピア
ジュール・ヴェルヌ
瀬戸内寂聴
セルマ=ラーゲルレーヴ
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
チャールズ・ディケンズ
ティルデ・ミヒェルス
トーベ=ヤンソン
J.R.R.トールキン
ドナルド・ビセット
ヒュー・ロフティング
ひろさちや
フィリップ・プルマン
フィリパ・ピアス
ベッティーナ・エアリク
スティーヴン&ルーシー・    ホーキング
マーク=トウェイン
ミヒャエル・エンデ
宮沢賢治
椋鳩十
メアリー・ポープ・オズボーン
モンゴメリー
矢玉四郎
ヨセフ・ラダ
ラッセル・E・エリクソン
リダ・フォシェ
リンドグレーン
ルイス・キャロル
ルース・スタイルス・ガネット
ルーマー・ゴッデン
ル=グウィン
ローラ・インガルス・ワイルダー
作者紹介

フィリップ・プルマン Philip Pullman

 1946年、イギリスのノリッジ生まれ。
英国空軍の軍人だった父とともに世界を旅する。
 子ども時代の大半を船上で暮らす。

 オックスフォード大学のエクセター・カレッジを卒業。

 ウエストミンスター大学で英文学を教えるかたわら、
小説、脚本、絵本などを発表。

 1995年イギリスで刊行された「黄金の羅針盤」、「神秘の短剣」、
「琥珀の望遠鏡」は、「指輪物語」や「ハリーポッター」を超える作品と
評される。

 ガーディアン・チルドレン賞、チルドレンズ・フィクション・プライズなど
多くの賞を受賞。

 世界最高の権威とされるカーネギー賞の栄冠に輝き、
「今世紀最後の大ファンタジー」と賞された。

新潮社
軽装版 ライラの冒険
「黄金の羅針盤」 上・下
「神秘の短剣」 上・下
「琥珀の望遠鏡」 上・下
軽装版はルビが付いているので児童でも読めます!
新潮社文庫

「黄金の羅針盤」
「神秘の短剣」
「琥珀の望遠鏡」

 ライラの冒険「黄金の羅針盤」は、本を読む前に映画を見ました〜。
チケットが当たったんです!感動したし、面白かった〜。

 映像も素晴らしかった。2作目の映画も楽しみにしていたのですが・・・。

「黄金の羅針盤」を読むときに、平行世界、パラレルワールド、多次元宇宙論、似たような世界が、この世の中の外には無数にあるという考えについても少し勉強するといいなって思いました。


理論社
「かかしと召使い」
 この物語は、ナンセンスな冒険ファンタジーです。
イギリスに古くから伝わる”わらべうた”のナーサリーライムの世界を
物語にしたようだなと感じました。
私には、ちょっと理解しにくい感じもありました。




著作権は作者にあります。無断転載・コピーは禁止させていただきます。