ルイス・キャロル
私も子供も大好きな、おすすめの児童文学・小説を、いろいろなテーマ別にご紹介します。 「おはなしの部屋」
作者別メニュー
アンデルセン
イソップ
ウルズラ=ウェルフェル
エーリヒ・ケストナー
エレナー・エスティス
エレナー・ファージョン
オトフリート・プロイスラー
E.L.カニグズバーグ
北方謙三
グリム兄弟
黒柳徹子
サン=テグジュペリ
C.S.ルイス
ジーン=ウェブスター
シェイクスピア
ジュール・ヴェルヌ
瀬戸内寂聴
セルマ=ラーゲルレーヴ
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
チャールズ・ディケンズ
ティルデ・ミヒェルス
トーベ=ヤンソン
J.R.R.トールキン
ドナルド・ビセット
ヒュー・ロフティング
ひろさちや
フィリップ・プルマン
フィリパ・ピアス
ベッティーナ・エアリク
スティーヴン&ルーシー・    ホーキング
マーク=トウェイン
ミヒャエル・エンデ
宮沢賢治
椋鳩十
メアリー・ポープ・オズボーン
モンゴメリー
矢玉四郎
ヨセフ・ラダ
ラッセル・E・エリクソン
リダ・フォシェ
リンドグレーン
ルイス・キャロル
ルース・スタイルス・ガネット
ルーマー・ゴッデン
ル=グウィン
ローラ・インガルス・ワイルダー
作者紹介
本名 チャールズ・ラトウィッジ・ドジソン。

 1832年生まれ。イギリスの作家。

 オックスフォード大学のクライスト・チャーチ・カレッジを卒業後、
数学の教授として、そこで一生を過ごした。

 同じ大学の偉い先生の娘3姉妹(一人はアリス・リデル)に
お話をしてあげたものを「地の下へもぐったアリス」と題名を付け
自分で本に仕上げたものが、「ふしぎの国のアリス」の元。

 1865年、本として出版される。

 1898年、他界。、

岩波少年文庫

「不思議の国のアリス」
「鏡の国のアリス」
2000年岩波少年文庫創刊50年のとき、新刊発足に際し、
訳者が脇明子氏になった。

講談社 青い鳥文庫
「ふしぎの国のアリス」
「鏡の国のアリス」
国土社
「ふしぎの国のアリス」 (世界名作文学集)

この文学集には、他に「トム・ソーヤーの冒険」、「赤毛のアン」、
「みつばちマーヤの冒険」、「飛ぶ教室」があります。

金の星社
「ふしぎの国のアリス」 (世界名作ライブラリー)

このライブラリーには、他に「赤毛のアン」、「あしながおじさん」、
「ピーターパン」、「若草物語」、「クリスマス・キャロル」などがあります。

さ・え・ら書房
「ふしぎの国のアリスの算数パズル」 山崎直美 著・訳
ルイス・キャロル作「ふしぎの国のアリス」をもとにして

 「世界の文学写真紀行シリーズ」(求龍堂)の中で、私は「星の王子さまのはるかな旅」しか見たことがないのですが・・・
「不思議の国の”アリス”ルイス・キャロルとふたりのアリス」というのも
あります!


著作権は作者にあります。無断転載・コピーは禁止させていただきます。